スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔を振り返ろう 2005・秋 




「月夜」


あのねぇ おとうさん
お月様にはウサギがいるの
こうやって お団子並べて
のんびり 地球を見てるのよ


お餅つきは飽きたねぇって
地球は青くてきれいだねぇって


幼い声に耳を傾け
時間をとろとろと流し込む
風は澄んでいて
やさしい口笛が聞こえて
あぁ いい夜だなぁと
秋の灯に語りかけるのだ


隣り合わせにあたたかいぬくもり
静けさの中 今日は十五夜








中2のころひそかに没頭した「4 to 5 to...」という詩のノートから、
「月」を改題、加工して。(季節外れですが;)


4行、2行、5行、2行っていう4連で詩をひたっすら書いていく。
(ノートのタイトルが意外と安易だということに気づいたあなたは正しい)
詩のタイトルはすべて漢字一文字で。
あー懐かしい。ほんと懐かしい。


これ最初月乃と一緒にはじめたんだよねぇ。
クラスのみんなにタイトルになりそうな漢字募集したよねぇ!
今ノート見てみたら
中2の5月から始めて、92個書いたところでとまってました(飽きっぽい奴)



はまったな。
もうやってる暇なんかないけど。


でまたこれが面白いんですよ!!!
上に乗っけた(原題)「月」はこれ5個目に作ったやつなんだけど、




個数が増えるにつれだんだん精神が荒れてくるのがわかるの!!!!!(笑)




えぇ。馬鹿みたいに可哀想ぶってたあのころですから。
そしてメンタル系、またメンタル系、たまにシリアス系、みたいな(爆)


たとえば71番目、「揺」


あのね
学校へ行くと 胸が苦しくなるんだ
「ちょっと待っててね」
階段の隅で呼吸を数えるんだ


「どうしてそんなに食べようとしないの」
食べらんないんだよ 心が揺らぐから


大好きな人に 嫌われる夢を見たんだ
相談できる人を探してる
なんか よくわかんないけど
やるせなくて 思いっきり泣きたくて
痛い


「泣いてもいいよ」と支えになって
揺れる心の支えになって




これ作ったの私と同一人物ですwwww(営業スマイル)


わー・・・ひくわー・・・(低音)
今だったらどんな感じですかね。



新71.「黙」(ここから馬鹿まっしぐら)


あのね
学校へ行くのも面倒くさいんだ
「何でスカートのスソ上げてくれないの」
些細なことで 人生をあきらめたくなるんだ


「どうしてあなたハイソックス履いてるの」
しょうがないんだよ これしかなかったんだから


なぞのプログラムに参加する夢を見たんだ
相談する前にブログに書こうと思って断念してる
なんか よくわかんないけど
やる気なくて ノートも教科書もなくて
眠い


「授業終わったよ?」って起こしてあげて
しかたがないから サザエになって




すばらしい!
最高傑作d(強制終了)





スポンサーサイト

コメント

懐かしい!!

『家』

流れているのかいないのか
分からないほどにゆっくりと
休日の昼私の周りを
時間が笑って追い越していく

お母さんお母さん
コーヒーいります?お寝坊さん。

お父さんからの伝言を
口調もそのまま伝えると
抱きついて キスをして 悪戯をしたように駆け出した
休日の昼私の世界は
パステルカラーで彩られてる

この頃心底思う事
ああほらこんなに暖かい日。


うわー…懐かしー(笑)
中2ですか。一年前…(何か虚しい)
昔のノート引っ張り出してみたら詩だけで3冊もありましたよ(爆笑)
暇はないけどやりたいなぁ。楽しいし。

そして後半で荒んでいく詩(笑)

・・・。
いや無理だ。打とうかと思ったけど無理です。
だってこんな痛い子…!!!

柚月は多分1冊目20個しか読んでないんですよね、私のノート。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxyudsuki2525xx.blog12.fc2.com/tb.php/195-c00c59ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。