スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『翔んじゃえよ。』 

 

声が聞こえた気がして
思わず全てが溢れた
涙も、歯痒さも、葛藤も、
ひとつ残らず尽き果てるまで、
哭いた、声を探した

 

封じ込めて触れぬようにしても

逢いたいもんは逢いたいんだ

どんなに離れようともがいても

すぐ近くに感じたくなるんだ

罪悪感と自己嫌悪にまみれて

それでも貴方を想ってきたんだ

ずっと隣に居たいんだよ

ずっと隣に、居たかったんだよ

 

雨模様、遠のく空、宵の帰り道
ひとり歩く線路沿いの3拍子
何が見える?
何を求める?
声が心を掴んで揺らす
されるがままに、残像が揺れる

 

ただ、

何もかもを口に出すのが

この上なく怖いだけなんだよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxyudsuki2525xx.blog12.fc2.com/tb.php/395-ece050b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。